SWELLってどんなの?SWELLを知る

チワワの子犬ふうちゃんが生後3ヶ月を迎えました!

この記事ではこんなことが書かれています
  • 先日、チワワの子犬ふうちゃんが生後3ヶ月を迎えました。
  • お迎えしてちょうど1ヶ月が経ったのでこの1ヶ月のおおまかな記録と雑感になります。
Himです♪
@himlog_com
記事の内容

1ヶ月はゆっくり一日一日を振り返る余裕がなかった!

ふうちゃんをお迎えした初日から、そのときの気持ちや感じたことなどをリアルタイムで書き留めておきたかったのですが、実際にふうちゃんを迎えると、まずそんな余裕がありませんでした!

ふうちゃんには環境にも慣れてもらわなきゃならないし、飼い主側もどんなペースで一日を過ごしたらいいのか探り探りだったし、毎日の流れはこんな感じというものをお互いに作って行くのにはちょっとずつ時間が必要でした。

Him

起きている間は目が離せなくて、目の前にあるお世話をするのでいっぱいいっぱい(笑)

でも、簡単に更新できるインスタだけはなるべくリアルタイムで載せていました。

ようやく生活のリズムがついてきたのもあり、お迎えして1ヶ月までには絶対記録を残したいと思ったので、早足で振り返ってみます。

チワワの子犬ふうちゃんのお迎え前日

まいちゃんとさこちゃんのぬいぐるみも一緒♪

ふうちゃんの暮らしているブリーダーさん宅までは車だと片道7時間以上もかかってしまいます。

なので、今回はなるべく子犬に負担をかけないように短時間で、日の明るいうちにお迎えができるように新幹線を利用。

Him

前泊してお迎え当日に備えました♪

コロナ禍の中で、長距離を交通機関で移動することにも不安がありましたが、新幹線はほぼ貸し切りに近いほどガラガラでした!

楽しみにしていた車窓からの富士山も、静岡に入るにつれてあいにくの雨になり見れませんでした。。

Him

このときはまだふうちゃんを迎えるという実感がありませんでした。

チワワの子犬ふうちゃんと初対面

ふうちゃんと初対面の映像です!
Him

動物に話しかけるときは声がめっちゃ高くなるのがデフォルトです(笑)

ブリーダーさんのお宅で最初にふうちゃんのパパ犬とママ犬に会わせてもらい、そのあとふうちゃんを連れてきてもらって親子3人での様子を見させてもらいました。

ふうちゃんとの出逢いはブリーダーさんのインスタの投稿でしたが、とっても素敵な考えのブリーダーさんだったので、今回こちらにお世話になって本当に良かったと思いました。

ふうちゃんを見つけたときのことはこちらの記事に書いています!

ふうちゃんもそうですが、ブリーダーさんご夫婦も一緒に暮らしているわんちゃんたちもとても素敵なファミリーで、このご縁を大切にしたいと思いました。

Him

ふうちゃんが大きくなったら、お里帰りも兼ねてまたこちらを訪れてみたいな〜♪

左からパパ、ふうちゃん、ママ
左からふうちゃん、パパ、ママ

初めて見るふうちゃんはまだ二頭身か三頭身ぐらいのよちよち歩きの赤ちゃんでしたが、トイレシートにおしっこも出来ていました♪

遊んでいるうちに調子に乗ってきて、パパ犬に喝を入れられしゅんとなる場面も(笑)

Him

こんな小さな生き物をお迎えするのは17年ぶり、チワワのさこちゃん以来でした!

新幹線を乗り継いで帰宅

帰りは富士山も無事に見れました!

心配だった帰りの新幹線ですが、ふうちゃんは吠えることもなく落ち着いてキャリーに入ってくれていました。

乗り物酔いをすることもなくおとなしく過ごしてくれていたのですが、時々少し出たそうにしてたので手を入れると舐めてきたりして可愛かったです。

キャリーの中に小さなマスコットがついているキーホルダーをぶら下げていたのですが、ふうちゃんは時々それで遊んでくれてました♪

少しお水をあげると落ち着いて寝てくれました。

Him

以前、さこちゃんを迎え入れたときにもマスコットがぶら下がっていたのを思い出し、そのアイディアを取り入れてみました!

ちなみにふうちゃんをお迎えしたときに持参したクレート(キャリー)の紹介記事はこちらをご参照ください。

JR東海からJR東日本への新幹線乗り換えがどちらもチケットレスだったので、それだと東京駅での乗り換えのための改札口が限られていたことが今回の最大の難関でした。

行きはひとりだからなんとでもなりますが、帰りは絶対に乗り遅れないようにしなきゃいけないのと、出逢ったばかりの生き物を大事に運ばなきゃいけない責任感とがあって緊張でした。

Him

その件に関してはまた別の記事に書きたいと思います。

関東から東北へ、あまりの気温差が心配でした

青空に映える富士山を眺めた数時間後、車窓からの眺めはあっという間に厳しい銀世界に変わりました。

ふうちゃんを迎えた1月末は、東北ではまだまだ真冬真っ只中。

最低気温がマイナス10℃以下になることもありました。

一番心配だったのが、急な気温差に体調を壊したりしないかということ。

お迎えした日からしばらくは夜中もエアコンをつけて24時間一定の室温で過ごせるようにしました。

Him

そんな心配もよそに、ふうちゃんはこの一ヶ月毎日元気に過ごしてくれています♪

ひさしぶりに犬くさい!!(幸せ!)

おうちに到着してすぐ、ふうちゃんはケージの中でおしっこもして、元気に遊んでくれて、ご飯もしっかり食べてくれたので安心しました。

初めての夜は、暗くしてケージに毛布をかけたものの、人間の物音がすると少しだけひんひんと鳴きました。

そりゃそうですよね。見知らぬ土地に連れてこられて、今夜からここで寝泊まりだよって言われても、子犬は不安と緊張でいっぱいなはず。

でも、夜鳴きの癖がつかないように心を鬼にしてなるべく静かに過ごし、頑張って無視したらひんひん鳴いたのはそれっきりであとはおとなしく眠ってくれたようです。

そして、忘れかけていたことを思い出しました。

家の中が久しぶりに犬くさい!!ということを。

ずっと家に犬がいるとそのうち麻痺してにおいなんて分からなくなりますよね?

汚れてきたらにおうにおいはわかりますが、普通に生活してての獣くささはそうそう感じないです。

でも、以前お空組のまいちゃん(ビーグル犬)が子犬の頃、3ヶ月訓練に出したことがあって。

しばらく居ない生活を送っていたのですが、まいちゃんが戻ってきた途端に家の中がめっちゃ犬くさい!!ってなって、幸せを感じたことを思い出しました。

こんな小さなチワワのふうちゃんでもしっかり犬くさいことを感じて過ごした初めての幸せな夜でした。

それと同時に、前日とはもう違うんだという責任感も感じた

さこちゃんが旅立ってから半年、寝息のしない静かな部屋で寝るのにも慣れてしまっていましたが、これから十数年はずーっとこの子の寝息と共に過ごすんだなって。

Him

責任重大だなって改めて感じました。

それは、立て続けに旅立った命を見てきたからこそ思うことでした。

生き物と暮らすということは簡単なことではないんだ、命を預かる責任があるんだってこれまで以上に思うようになりました。

既視感がやばいと思ったら・・・

ふうちゃんの色んな様子を撮影してると、ある気持ちを抱きます。

そう、それは既視感です。

私がふうちゃんは、まいちゃんとさこちゃんの生まれ変わりだと信じているように、色んな表情や佇まいがさこちゃんに似ているように見えるんです!

どっちがどっちかわからないでしょう?

Him

ふうちゃんとさこちゃん、似ていると思いませんか?

Wan

単なる親バカですか?w

ペットちゃんの生まれ変わりを信じたい方にオススメの映画・本

お迎えしてから一週間後にドライブへ

まだワクチンが全部終わってはいませんが、なるべく早い段階で色んな世界に触れて慣れさせるのがいいと聞いたので、ふうちゃんをお迎えしてから一週間ほどして初めてのドライブへ連れ出しました。

このふうちゃんが入っているキャリーに関してはこちらの記事をご覧ください。

最初はキャリーに入れて行きましたが、次のドライブからはハーネスをつけて助手席に固定しているドライブボックスに入れて出かけるようになりました。

このドライブボックスはさこちゃんのときから使っていたものです。

Him

今のは、昔よりもおしゃれな色合いになっているようですね♪

ふうちゃんは新幹線のときもそうでしたが、車も酔うこともなく、震えることもなく、このドライブボックスの中で運転中は自分で遊んだり眠くなたら寝たりと気ままに過ごしてくれています。

そこが、まいちゃんとさこちゃんとは違う部分であり、どっちの要素もいいとこ取りで併せ持った性格のようです♪

ひとくちメモ

まいちゃんは、ドライブが好きだけど自分の世界は皆無の依存型。
さこちゃんは、自分の世界を持っている自立型だけど車は苦手。

ふうちゃんは、ドライブも平気だし、自分の世界も持っている!

Wan

無意味な情報、自己満な記事ですみません・・・。

お迎えした翌日から気になっていた、食いムラがあったり食が細いことについて

ふうちゃん、お迎えの初日は朝から移動のためあえて何も食べさせていなかったので、夜にはガツガツ食べてくれたのですが。。。

翌日から、全食完食とは行かず、食いムラがあるようでした。

食が細いのか、途中まで食べてもすぐに遊んでしまってなかなか集中してくれません

これまでブリーダーさんのところでは、ロイヤルカナンのミニパピーだったのですが、フードを変えてみようと思いました。

Him

ニュートロシュプレモ子犬用にしてみました!

シュプレモに移行してから、前よりも食いつきが良くなってきました!

それから、成長とともにこの一ヶ月で全食完食することも多くなりました。

気に入ったのは、高品質な自然素材が使われていること。

そして、インスタでもけっこうこのシュプレモを愛用しているわんちゃんが多かったことが決め手になりました。

Him

そして、それでも食べないときの裏技ですが・・・!

残したフードにこのやぎミルクの粉をまぶしてあげると、ふうちゃんはガツガツ食いついて完食します!

このやぎミルクはまいちゃんさこちゃんの時代から愛用していたもので、ミルクと言ったらほとんどこの商品だけ買ってました。

Him

無添加なのがいいですよね♪

そして先日、シュプレモの子犬用缶詰も買って与えてみたんです!

Him

そしたらまるで食いつきが違って、最後まで集中して食べてくれました!!

2回目のワクチン接種のため、さこちゃん以来の動物病院へ

ふうちゃんの2回目のワクチン接種のため、昨年8月にさこちゃんが旅立ってからしばらく遠ざかっていた動物病院へ行きました。

この時期は、ちょうどまいちゃんが病院のお世話になっていて旅立った時期と重なります。

何もまいちゃんの命日の日に動物病院へ行かなくても・・・と、2年前のことを思い出して突如号泣しました。

そして、少し日にちをずらして行きました。

久しぶりに会う看護師さんに、「お久しぶりですね♪新しくわんちゃん飼われて良かったですね♪」って声をかけていただいて、すごく嬉しくなりました。

先生も、「可愛いわんちゃん、良かったですね〜♪」って笑顔で喜んでくださって。

私とまいちゃんさこちゃんを約18年近くも見てきてくれた病院のみなさんにそう言ってもらえて本当に嬉しかったです。

Him

またお世話になります!

ふうちゃんはまだ動物病院がどういうところかよくわかってないようで、あらゆるものに興味津々。

ワクチン接種もペースト状のおやつを食べながら、痛がる様子もなく終えることができました♪

ふうちゃん、生後3ヶ月の日にお座りを覚えて、自分で歯磨きをする!

これまで、ふうちゃんには手についてくる「おいで」だけ教えていました。

ふうちゃんをお迎えする前からYouTubeでドッグトレーナーの遠藤エマ先生の動画を見て勉強していたのですが、お手やお座りよりも大事なのは手についてくるをマスターすることだとエマ先生もおっしゃっていました。

Him

エマ先生の動画はとても参考になりますよ♪

手についてくる「おいで」ができるようになったので、そろそろお座りを教えてみようと思ったら、ちょうど生後3ヶ月の日にお座りできたんです!

Him

ちょこんと座る仕草がたまりません!!

それから、生後3ヶ月の日に歯ブラシも預けてみようと思って人間用の歯ブラシを与えてみたら、自分で磨いた(正確には噛んだw)んです!

この様子を見て、早くわんちゃん用の歯ブラシを買ってあげなくちゃと思い、先日買ってまいりました!

ふうちゃんのために選んだ歯ブラシはこちらになります!

Him

シグワン子犬用歯ブラシというものです。

360°毛がついてるので角がなくて磨きやすいし、何より毛触りがいいんです!

ふうちゃんもかなり気に入った様子で、ますます自分で歯磨きをするようになりました。

歯磨き粉も買ったのですが、このトーラス国産EM歯磨きペーストも、あとから調べるとレビューでは評価が高かったようだし、ふうちゃんも気に入ってくれてこれを買って正解でした♪

お店のポップに、ナチュラルフードを食べているわんちゃんにおすすめと書いてあったのが決め手でした!

生後3ヶ月を迎えトリミングサロンへ

ふうちゃん、生後3ヶ月も迎えワクチンの2回目も終えたので、友人のトリミングサロンへお邪魔して爪と足裏の毛とおひげをカットしてもらいました。

Him

イヤイヤながらもなんとか綺麗にしてもらいました♪

ワクチンの2回目を打つ前に、爪が伸びてきていたのが気になったので、爪切りを買ってきて一度自宅で切ってあげました。

そのときは、おやつで釣ってなんとか切ったのですが、チワワはただでさえ小さくて、まして子犬と言ったら本当に小さすぎる爪で切るのに苦労しました。

ふうちゃんの小さすぎる爪!!

ふうちゃんをお迎えして感じたことのまとめ

この一ヶ月でふうちゃんは、人間の言葉をよく理解するようになってきました。

何を言っているのか、ちゃんと聞いています。

最初はお腹もぽんぽこりんで身体も丸っこかったのに、いつのまにかしゅっと絞られたしっかりした体型になってきています。

日に日に成長しているのがわかって嬉しいのと、まだまだですがあどけなさがなくなって行くのが寂しいと感じる気持ちと両方です。

そして、思うこと。

まいちゃん、さこちゃんを看取ったからこそ、時間には限りがあるんだということを常に感じています。

子犬だからってまだまだ先がある、じゃなくて、子犬だろうとその日その日が大切に、とても貴重に思えます。

まいちゃんさこちゃんが子犬だった頃には感じなかったことです。

終わりが来るなんて考えもしなかったから。

でも、今は「いつか」がやってくることを身をもって知っています。

なので、今このときを大切に、後悔のないように過ごそうと思う自分がいます。

ふうちゃんがうちに来てくれて、家の中が明るくなりました!

毎日のように爆笑しています。

まいちゃんさこちゃんの思い出も、ふうちゃんに重ねて、「まいちゃんさこちゃんも昔はこんなこともしてたね〜」って、楽しかった時代の思い出がたくさん蘇ってきたりしています。

さこちゃんが旅立ってからこれまでの半年間は、亡くなったときのことばかり思い出されて辛くなることが多かったけれど、今はそれを上回るぐらいの笑いが毎日日常に溢れています。

ふうちゃんのおかげです。

本当に、私はまいちゃんとさこちゃんの生まれ変わりだって信じてるんですけどね。

たとえそうじゃなくても、ふうちゃんは救世主だって思ってます。

手短にまとめようと思ったのに結局色々と書いてしまいました。

でも、これでもまだ書ききれてない部分はたくさんあって、また少しずつ記事にしたいと思います。

需要があるかはわかりませんが、私個人の記録用としても書き留めて残します。

Him

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
記事の内容
閉じる