SWELLってどんなの?SWELLを知る

【SWELLワードプレステーマ】 SWELLブロックパターン[custom patterns]を使って毎回使う記事テンプレートを簡単に呼び出す設定方法 〜初心者向け〜

Himです♪
@himlog_com
んな疑問やお悩みにお応えします!
  • いつもだいたい記事に決まったパターンどおりの流れがあるのだが、毎回ブロックを選択して作るのが大変。時間がかかる。
  • 決まったパターンをすぐに呼び出し執筆時間を短縮させたい!
  • 予め決まったテンプレートを作っておいて、記事ごとにも編集可能なツールはないか? → 【SWELLブロックパターン custom patterns

本記事ではWordPressテーマSWELLのブロックパターン[custom patterns]を使って、毎回使う記事テンプレート(記事ごとに編集が可能)を簡単に呼び出す設定方法をご紹介します。

手順通り進めていってみてくださいね。

  • ブロックエディタ完全対応
  • 他テーマからの移行も簡単
  • 初心者でも安心のフォーラムあり
当ブログはSWELLのブロックエディタで作成しています。
Him

初心者さんに向けて書いているので、分からない専門用語は省きます。安心して読み進めてみてくださいね。

記事の内容

SWELLブロックパターン機能の【custom patterns】どんなところが便利なのか?

  • いつも同じ流れで記事を書いている場合、一気に決まったテンプレートパターンを呼び出せる。
  • そのテンプレートパターンを記事ごとに編集しても、保存してある元のパターンが書き換えられることはない
  • 装飾に手間がかかる方には時短になるのでおすすめ!

ブロックパターン機能[custom patterns] 以外ではどうなのか?

  • ブログパーツ機能はそのままだと使えるが、その場での編集ができない。
  • 再利用ブロックは編集してしまうと、他の記事でも同じように反映されてしまうため、応用が利かない。
Him

今まで、この便利なカスタムパターン機能を知らずに無駄な時間を使ってました。。。

SWELLブロックパターン機能の【custom patterns】の作り方

STEP
ダッシュボード→ブログパーツ「新規追加」をクリック

タイトルは自分でわかりやすいものにしておく。

STEP
頻繁に使う流れの型(パターン)を作る

例えば、上記画像のようなテンプレートを毎回使うのであれば、こんな風に順番に

  1. 広告表示のためのショートコード
  2. Usefulリスト(タイトルやアイコンの配置などをしておく)
  3. ポチップ(検索前の段階で置いておけば使いまわせる)
  4. Amazonプライムの紹介(いつも使う決まり文句のようなもの)

などと作っていきます。

STEP
用途「ブロックパターン」にチェックを入れて公開をクリックで作成完了

SWELLブロックパターン機能の【custom patterns】の使い方

STEP
パターンを表示させたい位置でブロックを追加
STEP
すべて表示をクリック
STEP
左側サイドに出てくるブロックメニューでパターンを選択
STEP
プルダウンしてSWELL custom patternsを選択
STEP
先ほど作成したパターンが表示されるので、使いたいパターンを選択して完了

あとは、その記事ごとにパターンをアレンジして編集すれば大丈夫です!

元の保存されたパターンが書き変わることはないのでご安心ください。

ちなみに、上記のSWELLを選択すると、元からあるSWELLのパターンが表示されます。

作成したブロックパターンを使いやすいように並べ替えたい場合

  1. ダッシュボード→ブログパーツ一覧
  2. ブロックパターンとして作成した公開日付を変更する。

最新の公開日になっているパターンが一番上に来るので、日付を調整して更新し並べ替える。

Him

このSWELLブロックパターン機能[custom patterns]を用意しておくだけで、かなりの時短になります!!

以上、WordPressテーマSWELLブロックパターン機能[custom patterns]を使って毎回使う記事テンプレートを簡単に呼び出す設定方法でした!

その他のSWELL設定関連記事

  • ブロックエディタ完全対応
  • 他テーマからの移行も簡単
  • 初心者でも安心のフォーラムあり
当ブログはSWELLのブロックエディタで作成しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
記事の内容
閉じる